「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「ロボット」「人間」

 頭の中にいつも「?」を!

昨日、「ロボット」と「人間」のちがいをみんなで考えました。
 「ロボット」は、「これは大事だ!」とインプットされると、情報をアウトプットする時には、そのまま「大事だ!」としか言えません。
 でも、「人間」はなぜ大事かと考えることができます。
 だから、アウトプットする時も、「○○だからこれは大事!」と言えなければ、「ロボット」と同じではないでしょうか。
 頭の中にいつも「?」をおいて考える。こんな人間をめざしていきたいですね。という話でした。

 2時間目は、色の三原色という図工の学習をしました。
 赤・青・黄の3色があれば、どんな色でも作れるという学習でした。
 ここでも「?」です。なぜ三原色で学習するのでしょう。
 さすが五年一組。すぐに答えが返ってきました。
 
「たとえば緑をぬる時、絵の具をそのまま使うと、葉の色をぬるとしても、どの葉もみんな同じ色になってしまう。でも、三原色を使うと、本当にそれぞれが個性的な色になる。
 三原色を使って色を表すというのは、自分らしさを大切にするということ」
 このことは、先生が伝えたいこと、いっしょにがんばりたいことの一つです。

 社会では、お米のふくろを使って学習を始めました。
 まずは、ふくろを見て、気づいたことやわかったこと、ぎもんに思ったことを、とにかくたくさん書くことから始めました。しばらくは、お米ふくろのひみつから日本の農業の学習をします。

今日の「きらきらひかる」

 今日は二人。「つよしくん・はるなさん」です。
 まずは、つよしくん。昨日詩の暗唱テストをしたのですが、とつぜんあてられたので、きんちょうするのは当たり前。そのため、つよしくんは、最初は合格しませんでした。でも、あきらめずに何回か受けて合格しました。
 
 つよしくんは、受からなくても、前向きに取り組んでいました。たぶん、多くの人は、後ろ向きになるのにね。「きらきらひかる」です。

 

 次は、はるなさんです。社会の学習で使うお米のふくろをもってきてくれました。
 ちゃんと覚えていてくれて、それを学校にもってきてくれたこと。先生は、とってもうれしく思うし、しっかりしているなぁと思いました。「きらきらひかる」です。
 体育では、「待ち合わせ」と「円大根ぬき」「人間丸太」という運動をしました。

 「待ち合わせ」では、男女関係なく手をつなげる人がまたふえてきました。
 「人間丸太」はおおさわぎでしたね。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2008-04-15 06:49 | 2008年度5年生

モンキーをよろしく!

 もっと早くに紹介すべきでしたが、遅くなってしまいました。
 先生が学校の先生として教室に入るようになってから、ずっと先生の教え子たちを見守ってくれています。
 厚別通に来てからは6年生といっしょに函館にも行きましたし、去年も現地学習にいっしょに行きました。ぜひ今年もいろんなところにつれてってあげて欲しいです。みんなのことをしっかり守ってくれて、支えてくれるでしょう。
 モンキーをよろしく。

 理科の学習では、前回のつりあい遊びから本格的な実験に入りました。
 「重さ」と「支点」からの「きょり」。この3つからきまりを見つけることができました。
 
今日の「きらきらひかる」

 今日は「5年1組全員」です。
 先週、2回全員遊びがあったのですが、男女関係なく遊べる人がふえましたね。
 今はまだ「男女関係なく手をつなげる大使」が全員ではないし、ちょっとあやしい人もいるのですが、確実に男女関係なく遊べる人がふえています。
 クラスがステキなクラスになるためにとても大切なことです。
まだまだがんばりどころです。


「パイプライン」から~1~ 

「今日は1~5である。理由は…」

今日の1日は4である。理由は、ふみやくんのぐあいがわるかったのに、気づくことができなくて、4点です。
もう少しで5点の理由は、今日はふみやくんがぐあいがわるかったので、こんどほかの人からいへんをかんじたら、すぐ本人にきいて、先生につたえる。
ふみや、だいじょうぶかな~。
      <〇〇〇〇さん>


ことねさんのやさしさ、ステキですね。こういうやさしさがクラスを作っていくんだと思っています。読んでいる先生も、あたたかい気持ちになりました。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2008-04-14 06:43 | 2008年度5年生

本格的な学習がスタート!

 オリエンテーション的な学習が終わり、そろそろどの教科でも本格的に学習がスタートしました。
 写真は、理科。「左右のつりあい」という学習です。その学習の導入(どうにゅう・スタートという意味に近いかな?)として、身の回りのものをひもを使って、つり合いが取れるように、いろいろ考えてみてやってみるする活動をしました。
 次の学習は、もっと科学的なデータで左右の釣り合いが取れる学習をします。 


今日の「きらきらひかる」

 今日紹介する「きらきらひかる」はこの3人です!
 けいじくんとしゅんやくは、ちょうど先生と一緒に給食を食べるグループだったのですが、二人とも苦手なものを食べようとしたり、全部食べきろうとしたりと、努力していました。がんばっているなぁと思いました。
 次は、かずまくん。かずまくんの昨日は大活やく。作文では人よりもたくさん枚数を書いて、手のデッサンでは、クラスのお手本になっていました。
 すばらしかったですね。
 チャレンジ(がんばろうとすること)は、心をたがやすよね。

この写真は、もちろんみんな知っていますね。牛乳パックの写真です。
 さて、なぜこれを「きらきらひかる」にのせたか?それは、きれいにならべて片付けてあるからです。
 きれいにならべて片付けようというルールは、今のところ、5年1組にはありません。でも、だれかがそっせんしてこんなふうにならべてくれる。先生は、とてもありがたいなぁと思うし、ステキだなぁと思います。
 ちっちゃなことかもしれない。でも、こんなちっちゃなところに気をつけて、きちんとしようとすること、先生は、とても大切だと思っています。
 こういう写真(すがた・けしき)を見るたび、先生は、このクラスはまちがいなくステキなクラスになるという信じることができるのです。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2008-04-11 06:38 | 2008年度5年生

クラスのシステムがスタート

朝はおだやかに「朝の十分間読書」から…


当番活動やクラスのルールなどを確認し、昨日から本格的にクラスのシステムがスタートしました。
 なれないことが多いと思うので、この1週間はたくさん質問をして、早く覚えて下さいね。
 5年1組は、朝は必ず「十分間読書」から始めます。
 十分間読書のねらいは、次の3つです。

①読書好きになってほしい。
②国語(読む力)の力を つけてほしい。
③大事な朝のスタートを 静かなふんいきの中、 おだやかにスタートさ せたい。


さっそくとてもいいふんいきで朝の十分間読書が行われて、おだやかに一日をスタートできました。

当番活動を一人一役にする理由


 5年1組は、グループごとわりあてはしていますが、当番活動を一人一役で行います。 昨日話をしたふきそうじの時のいすさげのように、一人一役にも大事な理由があります。
 それは、みんなに責任感をもつようになってほしい。そのために、当番活動を使いたい。先生はそう考えているからです。
 責任感は一人一人の人の「やるべきことがはっきりしている時」「そのしごとをしないとだれかが困る時」に生まれてきます。
 グループでの当番は、どうしても仕事のりょうがちがってしまい、なかなか責任感が生まれてきません。どうせ当番をするなら、何か力をつけさせたい。先生はそう考えているからです。

今日の「きらきらひかる」

今日は「さくらさん」と「りくくん」です。
 さくらさんは、昨日のつくえふきの様子を見ていて感動しました。すっごくていねいにごしごしふいていました。みんなのお手本だね。
 りくくんは、みんな

にも昨日言いましたが、発表する時の声や読む時の声がすばらしいね。あんな風に大きくはっきり言えることはとても大事なことです。
 さて、今日はどんな「きらきらひかる」が見られるかな?

先生にとって、とてもうれしい「パイプライン」もありました!その②

大野先生へ

僕は、2年の時、大野先生を見て、あんな先生がいいなーとずっと思っていました。それで今回初めて大野先生になってすっごく×2うれしくてすぐ家に帰って母さんにほう告しました。僕は、これから、もっと友達を大切にし、勉強もがんばっていきたいと思います。1年間どうぞよろしくお願いします。
      <〇〇〇くん>

〇〇くんに、こんなふうに思ってくれて、お母さんにそんなふうに報告してくれるなんて、先生、本当に心からうれしいです。ありがとう!
5の1の30人み~んなのことを大切にして、みんなが友達を大切にして、勉強をがんばる人になってもらうために、先生もがんばるよ。

ぼくは、クラスがえがドキドキでした。クラス発表を見たあと、今までいっしょだったなかまがむかえにきてくれて、とてもうれしかった。教室にはいると、4年生の時の友達じゃないことは知ってたけど、また、いい友達ができると、うれしく思いました。
しぎょう式では、たんにんの先生がだれなのか楽しみでした。なんとなんとたんにんの先生が大野先生になりました。ともてうれしかったです。これから1年間すごく楽しみです。
      <〇〇〇〇くん>

〇〇〇くん、ありがとう!「なんとなんと」という言葉に、おどろきとうれしさが入っているのかな?とてもうれしいです。1年間楽しくやっていきましょう。でも、それは、先生だけじゃなく、みんな一人一人の努力も必要だよ。

お日直テーブルでピクニック気分!~楽しく食べられた?

「5年1組楽しく行こうぜ!システムその1」(かってに先生が名づけています・笑)の一つ「日直テーブル」 これは、日直のグループがアウトドア用のテーブルを好きなところに開いて、給食を食べるというシステムです。
 
 テーブルクロスをひいて、室内ピクニック気分ですね~

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2008-04-10 05:25 | 2008年度5年生

「パイプライン」が始まりました!

「自分」と「心」を「心」と「頭」をつなげよう!

5年1組の大切な取り組みにしたい「パイプライン」が始まりました。 見事誰も忘れずに、全員がそろって始まりました。
「パイプライン」をやるのは、次の5つの理由があるからです。

①毎日机にむかうくせを つけること。
②毎日書いて「書く力」 をつけること。
③復習をして、学力をつ ける助けにすること。
④自分自身を毎日見つめ て、「新しい自分」を 見つけていく。
⑤先生としっかり「パイ プライン」を作る。


みんなとの「パイプライン」を楽しみにしています。

さっそくみんなの「パイプライン」を紹介します。
さっそく「きらきらひかる」ノートが!!

今日は始業式があった。入学式もあった。あとから、たんにんの先生が発表されて、よそうではちがう先生と思っいたけど、大野先生で本当によかったです。で、入学式で先生にせすじをのばしてって言われたから、のばしたらけっこうつづいた。でも、点数は2点だったです。こんどは、5点とれるようにがんばります!先生がかんがえたゲームもできなくて、一人だけっていうのがはずかしかった。でも、こんどは、ぜんりょくでがんばります。
          <〇〇〇〇さん>

さて、このノートがなぜよいか。2つあります。1つ目は、さっそく自分自身のことをふり返っているからです。「自分はこういう目標をもってやったけど、こうだった。」というように。これは、とてもすばらしいです。2つ目は、ゲームのこと。一人だけできなかったから「もうやだ~」じゃなくて、「次」に目を向けて、しかも、またがんばろうという気持ちをもっています。これもすばらしいです。「きらきらひかる」のノートです。

~なんといままでいっしょのクラスだった子とはぐれてしまったのでした~。〇〇〇はさびしい!!でも、それはとうぜんのこと。出会いがあれば別れがある。別れがあれば、出会いもある!1回も同じクラスになっていない子とのふれあいがまっているではないか!!
ということで、〇〇〇はあしたからもがんばる決意をしたのでしたー。
      <〇〇 〇〇〇さん>


このノートがなぜよいか。もうわかりますね!そうです。新しい友だちとの出会いを楽しもうとしているところです。すばらしいね、〇〇〇さん!
5年1組には、たぶん今まで仲がよかった人とはなれてしまった人もいるでしょう。でも、今までふれあうことがなかった人と出会うということは、〇〇〇さんも感じているように、とてもステキなことなんですよ。「友だちの輪が広がる」ということなのですから。最初は、とまどうかもしれません。でもあわてなくてよいです。あせらず友だちの輪を広げていきましょう。先生が必ずサポートしていきます。


先生にとって、とてもうれしい「パイプライン」もありました!!

~大野先生からメッセージをもらったからすごくうれしいです。ぼくも、大野先生みたいな人になりたいです。そして、1年間大野先生と仲良くしていきたいです。そして、大野先生からのメッセージありがとうございました。
      <〇〇〇〇くん>


〇〇〇〇くん、ありがとう!こんなによろこんでもらえてうれしいです。先生、がんばるね!先生は、しゅんやくんのお手本になれるような人ではないけれど、お手本の人になれるように、がんばりたいと思っています。〇〇〇〇くん、本当にありがとう。

~ぼくも、担任の先生が大野先生でとてもうれしいです。~春休み中に、1回でいいから大野先生が担任の先生になってほしいなぁと思っていたら本当になってしまったので、家で大よろこびしました。この一年間、勉強も、遊びも一生けん命がんばっていくので、よろしくお願いします。
      <〇〇〇〇くん>


〇〇〇くん、ありがとう!春休み中に、そんなふうに思っていたなんて、とてもこうえいです。うれしいです。けいじくんのきたいをうらぎらないように、一年間がんばりますね!どうぞこちらこそ、よろしく!

今日の「個人きらきらひかる」
今日は「かいくん」です。 プリントをくばられた時、なにげなく「ありがとう」と言っていました。ステキだね。こういう「ありがとう」がクラスにどんどん広がるといいなぁと思います。「きらきらひかる」でしたよ。先生はうれしかった。

お家の方へ~ありがとうございました
「パイプライン」へ、本当にたくさんの方からメッセージを書いていただきました。
 本当に本当にありがとうございました。書いて下さったことだけでもうれしいのに、うれしい言葉もたくさんいただけました。子供たちとお家の方の期待を裏切らないように、あらためて気を引き締めています。
 今回いただいたコメントのように、お家の方との「パイプライン」もできたらいいな…と、ただいま形態、企画を模索中です。
 
 本日、家庭訪問予定表をお配りしました。ご確認ください。


http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2008-04-09 06:20 | 2008年度5年生

30名全員でスタート!

さっそく「きらきらひかる」を見つけた!

 始業式。おそらくみんなきんちょうしていたでしょう。だれが先生になるのかなって。遠くから見ていて先生には、それが伝わってきました。
 校長先生から「担任の先生の発表があっても声に出したりしないでね。」というお話の後でしたが、五年一組の時、大野先生の名前が呼ばれると、よろこんでガッツポーズ何かをしてくれている人がいたり、教室にもどってきた時も、「大野先生でよかった!」と言ってくれる人がいて、先生はとてもうれしかったです。とてもステキな気持ちで一年間をスタートすることができます。ありがとう。

 さて、先生は、昨日でさっそく五年一組の「きらきらひかる」をたくさん見つけることができました。
 
 まず、みんなにも話をした「机」です。
 男子と女子の机を話すことなく、しっかりついていたこと。これは「きらきらひかる」です。みんなにとっては当たり前のことかもしれませんが、高学年でもこうして男女が仲良くできるというのがよいクラスの大きな条件なのです。
 
 二つ目は、しっかり先生の話を聞くしせいがよかったことです。これは、この一年間先生と学習を進めていく中で、とても大切なことです。「きらきらひかる」です。
 
 三つ目は、先生の自己紹介でゲームをしたのですが、ほとんどの人が声をしっかり出して、手もしっかり前に出して楽しんでくれました。こういうところで、素直に自分を表現できるというところも、成長のためのポイントなのです。

 四つ目は、〇〇さんと〇〇さんの二人です。記念すべき「個人きらきらひかる」の第一号です。放課後黒板の字を自主的に消してくれました。先生はとてもうれしかったです。こういう小さいところでこそ、「誰かのために何かをする」という気持ちと行動力が本物の「きらきらひかる」だと思っています。

 最後の五つ目。「あいさつ」です。先生に元気よくあいさつをして帰る人がたくさんいたことです。

あいさつは、人と人をつなぐ大切な言葉

あいさつは、元気よく相手に伝わる「声」で「目」であいさつではなくてはだめです。
 さっそく今日は、三計測があります。みんなのあいさつが楽しみです。

 今日もたくさんの「きらきらひかる」とであることを楽しみにしています。

先生の自己紹介クイズ。先生は、5つの名人だ!さて、何の名人だったかな?
1)

2)

3)

4)

5)

先生は、どんな時には、本気でおこりますよと言ったかな?

1)


2)


3)

5年生になって、どんな新しい自分を見つけることができるいいなぁ~と思っていますか?書いてみましょう!
[PR]
by beat_on_the_road | 2008-04-08 05:50 | 2008年度5年生

進級おめでとう!

5年1組スタート!
みんなと会える日を本当に楽しみにしていました。 またみんなと同じクラスや同じ学年になるなんて、思ってもいなかったので、本当にうれしいです。
 四年生の時あんなにステキだったみんなとまた一年間いっしょにすごせることが本当にうれしいです。
 今日から先生がみんなの先生になりました。
みんなに話したいこと。伝えたいこと。考えてほしいこと。たくさんあります。
 でも、今日は一つだけ伝えます。それは、この一年間、先生は次のことを全力でがんばります。

一人一人が新しい自分を見つける
 発表が苦手だった自分が得意になった新し自分を見つけた。
 あの勉強が苦手だったけど、できるようになった新しい自分を見つけた。
 なかなか友達に優しくなれなかったけど、優しくできる新し自分を見つけた。
 リーダーシップなんて面倒くさいと思っていたけど、しっかり発揮しようと思うようになった新しい自分を見つけた。
 そんな新しい自分をどうぞこの一年間でたくさん見つけて下さい。作り出してください。先生は、そのために、みんなのことを全力でサポートし、全力で守り、全力で応援します。

 いよいよ今日から高学年。全校の代表として活やくする場面もふえてきます。そのチャンスをぜひ自分の成長に生かしてください。
 みんなならきっとステキな高学年になります。期待しています。

 そしてもう一つ。このクラスをクラスの仲間を大事にしてください。
 ここにこうして集まってきたのは、先生もふくめてぐうぜんの出会いです。
 その出会いから生まれたこのクラス、この仲間がみんなにとって大切な小学校を卒業する時のクラス、仲間なのです。このクラスはみんなにとって特別な意味を持つクラスなのです。
 クラスとみんなとの出会いを大切にしてください。
 さあ5年1組の物語が今日からスタートです。

学級通信
「きらきらひかる」
  について


クラスの様子やみんなの思いなどを学級通信「きらきらひかる」を通して紹介していこうと思っています。
 「誰にも輝くところ『きらきらひかる』がある」と先生は信じているからです。
 これから5年生が終わるまで、みんなの『きらきらひかる』を見つけて、伝えていきます。
 その記念すべき第1号です。このタイトルにしてからはすでに1600号です。
 去年も出していたのですが、先生が全然だめで、しっかり出せていませんでした。でも、、今年度は気持ちも新たに1601号からスタートしていきます。

保護者の方へ 縁があってまたこの学年とかかわらせていただくことになりました。そして、この5年1組の担任として一年間お世話になります。
 詳しい自己紹介やどんなクラスにしていきたいかなどは、次号以降にお知らせしていきます。
 まずは、一年間よろしくお願いします。経験年数だけは、多くなってきましたが、まだまだ人間としても、教育者としても未熟です。拙いながらも、とにかく精一杯やっていきます。どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by beat_on_the_road | 2008-04-07 05:40 | 2008年度5年生