<   2006年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

第121号(通算1421号)「道徳リレーシート『みんな生きている~みんなでいっしょに奏でよう~』」

今回は、目がほとんど見えない中学1年生の男子生徒が主人公です。身近な友だちといっしょに学びたいと、近所の中学校に通っています。 この秋、ブラスバンド部でシンバルの演奏に挑戦することにしました。果たして、みんなでいっしょに奏でることはできるのかという内容でした。みんなのリレーシートを紹介します。

~ギターもやっていたけど一人じゃ楽しめない。みんなといっしょにつくりあげたいっていう言葉は,めっちゃ感動しました。やっぱりおたがいに信頼しているのかと思いました。北村くんはみんなに支えられています。外側から見たら一方的に助けられているように見えます。本人からも,みんなにめいわくをかけているように思ってしまいます。でも,支えている側も大事なことをいっぱい北村くんに教えてもらっていると思います。おたがい信頼しあって支えあっている姿はとってもカッコイイと思えました。
  <○○○○くん>
○○○は本当のかっこよさがわかっているんだことがわかります。すばらしいです。

今日は目に見えない人のことでした。目の見えないなおや君は音楽がすごく好きでした。~中学でブラスバンド部に入り,みんなと音楽をしました。最初は全然リズムがあっていませんでした。せんぱいからかたをたたいてリズムを合わせようとしました。でも,やっぱり合いません。なおや君は話し合って,手にかえました。でも,合いません。それで手+声も入れました。そしたらすごくできました。すごくなおや君は楽しそうでした。なおや君がブラスバンドに入ってすごくうれしそうでした。なおや君は目見えないのに・・・。すごいと思いました。   
  <○○○○くん>
なおや君の笑顔のすばらしさに気づけるのは,○○○くんにそれを感じる心があるからです。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-31 04:47 | 2006年度6年生

第120号(通算1420号)「長い漢字を探せ!」

国語で熟語についての学習をしました。
そこで、新聞紙の中からできるだけ長い漢字を見つけてみよう!というゲーム(ワーク)をしました。
最高は十九文字。新聞は数の多い漢字の宝庫です。

私が南中ソーランのおどりをやってみてちょっと大変です。なんていうか,またわりというのがつらいです。このつらさはみんな同じだけど,つらいのは先生もいっしょだと思います。一生けん命教えてくれている先生だってつらいにきまっています。だから自分も一生けん命やりたいです。つらくたって,できなくたって,いっぱいれんしゅうしなくてはいけないし,そうしなくてはいけません。~それと私は南中ソーランがおどりおわると,たおれるときいて,少しびっくりしました。これは,体力と精しん力とのたたかいなのカナ?と思います。あと気持ちの問題だと思います。100人以上の力を1つにしてがんばるためにはまずれんしゅうが一番大切だと思います。6年生の力を見せつけられるようにがんばりたいです。少しつらかったけど,これからはそれをのりこえて,みんなの力でせいこうさせたいです。
    <○○○○さん>

「6年生の力を見せつけられるようにがんばりたいです。みんなの力でせいこうさせたい」という言葉がいいですね。きっと成功します!

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-30 03:53 | 2006年度6年生

第119号(通算1419号)「南中ソーランの振り返り」

南中ソーランはすごく難しかったです。一番難しいふりつけは,かまえて回るときに手を動かす所です。左手にアクセントがつけれないです。でも,この南中ソーランをやって卒業して,その後大人になった時に,自分たちは「すごく価値があることをやったんだなぁ。みんなと先生たちに感謝しなくちゃな。」と思える発表を6年間の学校生活の集大成としてこの発表を成功させたいです。
  <○○○○くん>

「6年間の学校生活の集大成としてこの発表を成功させたい」という言葉がいいですね。そんな学習発表会になること,心から期待しています。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-27 03:34 | 2006年度6年生

第118号(通算1418号)「いろいろなノートを紹介します」

朝読書は前にもたしかパイプラインに書いたと思うんでだけど,大野先生になってから,朝読書がはじまって,すごく本が好きになりました。(よむのが楽しくて)読むスピードも早くなって,読みやすくなったし,本の楽しさがわかってきました。家でも,時間があれば読んでいます。興味がある本などをもってきて読んだりするのも楽しいし,本をあつめたりするのもけっこう楽しくていいなぁと思います。なので,私は朝読書が好きです。本も好きです。これからもたくさん本を読んで楽しみたいと思います。
  <○○○○さん>
朝読書を通じて,こんな気持ちになってくれて先生はとてもうれしいし,家でも本を読むようになったところが素晴らしいなぁと思います。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-26 02:52 | 2006年度6年生

第117号(通算1417号)「「やさしさ」を「優しさ」に!」

大きな達成感を感じる取り組みにしよう!

一人で何かをやりとげた時、もちろんうれしいでしょうし、自信にもつながでしょう。
 でも、そのやりとげたことが友だちと二人でやりとげたとしたらどうでしょう。 
 うれしさはきっと二倍になるでしょう。なぜならば、協力してできたからです。なぜならば、やりとげたうれしさと、そのうれしさを分かち合える人がいるからです。
 ではもっと人数が増えるとどうでしょうか。

 先生は人数が増えれば増えるほど、「達成感」は大きくなり、うれしさも増えていくと思っています。
 学習発表会は、学年で取り組んでいます。本当に気持ちをこめて取り組めば、この学習発表会をやりとげた時、大きなうれしさに、大きな達成感になっているはずです。
 そう感じることができる「優しさ」をこの取り組みに中で、育ててほしいです。「優しさ」にはそんな面もあるから「優(すぐれている)」という漢字が使われているのです。
  その「優しさ」の芽はもうすでに芽生えています。
 この前、○○はこんな話を先生にしてくれました。
 先生はとってもうれしかったし、○○の「やさしさ」が「優しさ」になってきているなと思います。
 こんな話です。
 前ちょっともめてしまったちがうクラスの子に、「声をかけた時、笑ってくれたよ。」と話をしてくれました。
 前のことがあっても、声をかけたこと。その話を先生にしてくれたこと。いいなと思いました。
 もう一人います。匿名希望のパイプラインに書いてあったので、名前は出せませんが、「ちがうクラスの友だちと遊ぶと、なんかいいです。友人関係が広がった気がします。」と書いた人がいます。

 学年で1つのことをこんなに取り組むことは,これが最後かもしれません。
 その貴重なチャンスを自分のものにして、みんなの「やさしさ」を「優しさ」に広げていってほしいです。
 そんな「優しさ」をプロデュースしてほしいです。


http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-25 06:30 | 2006年度6年生

第116号(通算1416号)「いろいろなノートを紹介します!」

「リーダーのことをわかってくれています」
南中ソーランは,とってもむずかしいです。まず一番さいしょに「かまえ」でまたわりをして,ず~とそのたいせいで次と次へとちがうわざをするので,とってもつらいです。1つのわざにしても,1日や2日ぐらいかかるので,とってもつらいです。なみの手のうごきの左がぜんぜんできてません。けど,少しはよくなったと思います。なぜかと言うと,家で練習したり,友だちにおしえてもらったり。でも,私たちより「リーダー」が一番つらいと思いました。早めの練習をみんなのためにやっているので,とてもつらいと思います。これからもっともっとりーダーや先生に教えてもらって,6年生さいごのおもい出になるような発表にしたいです。    
    <○○○○○さん>
成長した自分,がんばった自分を,少しでも自分で自分自身を認めることはとても大切です。リーダーのことも「目に見えないこと」ですね。


「もっと上を目指そうという気持ち」
私はパイプラインをわすれず(勉強も!!)にやっていることです。前期は,何回かわすれたケド,こうきはまだわすれていないので,このようにどんどんわすれずにやっていきたいなぁーと思いました。そして,これからどんどん行をふやしていきたいなーと思いました。
  <○○○○○さん>

パイプラインを忘れないだけではなく,業も増やそうと,さらにうえのレベルを目指していますね。すばらしいです。


「感動を与えるのです」
学習発表会について,ぼくはおもしろそうな発表になりそうだなぁと思いまス。今年は最後なので,今年こそ集中して取り組むべきだと思います。エイサーでさえむずかしいのに,南中ソーランは,もっとむずいのは,きついけど,最後なので,かんどうをしてもらえるおどりをしてみたいです。
    <○○○○くん>

最後だもんね。中学校でも,高校でも,学年で協力してやるということは,なかなかないです。この貴重な最後を「感動」で終えましょう!

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-25 05:53 | 2006年度6年生

第115号(通算1415号)「いろいろなノートを紹介します」

「楽しく歌えるって大事だよね」
私が後期になってから,がんばったといえることは「うた」です。帰る前にFACEをうたうからその時とかにしっかりうたえたと思います。歌はおんちだけど,好きだから音がはずれても大きな声とか楽しくうたうことはできてると思います。~うたは後期になってがんばったといえることだと思うけど,これが後期の最後になっても言えるように,発声をおなかから出すように特訓したりしていきたいです。~何回うたっても,うたうののにつかれても,うたうのが苦にならないぐらいうたを好きになって毎回楽しく歌えるようにしたいです。
       <○○○○○さん>
素晴らしい言葉がたくさんちりばめられてます。先生も同じ。「楽しく歌える」ことを願っています。そのためにもうたに気持ちをこめましょう。

「またうれしい言葉が…」
後期になってがんばってると言えること!!学芸会のおどりの「南中ソーラン」をがんばってると言える!!今日の練習をやっててつかれたけど楽しかったで~す。こんなに学芸会の練習がおもしろかったのは初めてです。(後略)

「こんなに学芸会の練習がおもしろかったのは初めて」なんてうれしい言葉を聞くと,本当に「南中ソーラン」を選んでよかったと思います。でも,ここで満足しちゃダメだね。アイコトバは全力と感動だもんね。

「がんばれ!リーダーの役割から学ぶこと」
○○はリーダーになったので,本当にがんばろうと思います。しかも,みんなにおしえるので,ちゃんとしっかりと取り組んでがんばろうと思います。あと,○○は学習発表会とかで,リーダーをやったことがないので,とっても不安です。でも,リーダーになったので,ちゃんとがんばっていきたいです。
    <○○○○さん>
リーダーを経験したことがないのに,よく立候補したね。みんな頼りにしています。この役割から○○のやさしさを広げていってください。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-23 07:05 | 2006年度6年生

第114号(通算1414号)「「朝のFUN TIME」本格スタート!」

トップバッターの係は、先生ヘルプ係「ティーチャーズサポーター」です。
しっかり準備をしてくれていました。
先生に関するクイズを出してくれました。
かなりディープなクイズもありました。おもしろかったです。
次の係はどこでしょうか。楽しみです。
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-21 21:27 | 2006年度6年生

第113号(通算1413号)「防犯モデル校に任命!」

d0089401_755610.jpg昨日、防犯モデル校の委嘱式(いしょくしき)がありました。
全道でも初の委嘱だそうです。
北海道警察からはドリル隊なども駆けつけてくれました。
演奏も素晴らしく、見ていてとても楽しかったですね。
モデル校として、これからもみんなが意識を持ち続けてほしいです。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-21 21:25 | 2006年度6年生

第111号(通算1411号)「いろいろなノートを紹介します」

「通知表を生かしてくれています」
後期になってからは,新システムが作られ,「天国と地獄ジャンケン」とか,後期を楽しくすごしています。めあての短ざくなど自分で決めてやったのは,自分で書いているんだから一つ一つ忘れないようにがんばっています。あと通知表に書いてあったことを思い出しながら勉強もがんばっています。なんといっても一番は学習発表会の練習です。おどりということで,あまりけいけんがないけど,南中ソーランをやってくれたきちょうなチャンスをむだにしないよう,この練習をがんばっています。がんばればがんばるほど,そのことは思い出に残ると思います。なにごとも一生けんめいがんばって残り半年ほどの小学校生活をがんばりたいです。   
  <○○○○くん>

いつも前向きに取り組めるところ,○○○○○○の大きな宝の1つです。

「こんなうれしいノートに出会いました」
後期になって発表する気持ちがふえたと思います。前期ははずかしくて,あまり発表できなかったけれど,今はちがいます。「発表する」という気持ちがすごく多いのでがんばったと言えます。

「発表する」ということは,とても勇気のいることです。その勇気のいることをこの匿名さんがしっかり考えてくれたこと,先生はとってもうれしいです。この匿名さんにとって大きな大きな前進だからです。がんばれ!

「レベルが高いぞ」
後期になってからは,発言だと思います。まず1つは他の人のあまり言わないような発言をしました。こんな発言誰もしないだろうみたいな発言をすると,とてもいい気分になるからです。なんか自分の力で場を変えたみたいなことをできることが後期になってから多くなってきたんじゃないかなーと思っています。   
 <○○○○くん>
「発表」は前も言ったように後期の大事な柱にしていきます。全員が発言をすること。つなぐ発言ができること。期待しています。

http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika/
[PR]
by beat_on_the_road | 2006-10-21 21:24 | 2006年度6年生