「ほっ」と。キャンペーン

第200号(通算1500号)「卒業おめでとう」

卒業おめでとう

 みんなと一緒に過ごした1年間が今日で終わりです。
 1年間、本当にいろんなことがありました。
 最初の頃、クラスになれるのに精一杯だったことが、今ではとてもなつかしいです。
 1年間はそこからスタートしました。
 大きな声で怒ったこともあったけど、いつも6の1には、やさしさ、あたたかさがありました。
 大きな声で笑ったこともあったけど、いつも6の1には、真剣さ、前向きさがありました。
 だから、先生は、みんなのことを信頼し、先生のもっているものはすべて伝えようと思いました。いろんなことにチャンレンジしてみようと思いました。
 そして、その結果、先生にとって、みんなと過ごした1年間は大きな思い出と誇りになりました。
 ここ数日みんなからたくさんの感謝の言葉をもらったけど、先生もみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 もっともっとみんなと一緒にいて、一緒に話をしたかったけど、今日で一度ゴールです。
 いろんなことが中途半端で、みんなには迷惑かけたり、不安にさせてばっかりでした。ごめんなさい。
 ただ、みんなのことを信じて、信頼したこと。みんなと学ぶために、作り上げるために、精一杯やってきたこと。これは、誰にも負けないつもりです。
 さあ一度ゴールしたら、次は新しいスタートです。6の1の格言「大事なことはその後」です。
 まわりの人から信頼されるステキな「未来」をプロデュースしてくださいね。
 先生も、厚別通小学校に、8代目に、みんなのがんばった成果を残していくためにがんばります。
 「おわりは、はじまり」。
 お別れするのは、本当に悲しいけど、また、「はじまり」ますね。
 同じ空の下から、みんなのこと、いつでも、いつまでも、何をしていたって、応援していますからね。それだけは忘れずに。
 さようなら。
[PR]
by beat_on_the_road | 2007-03-20 06:31 | 2006年度6年生


<< 第1号(通算11501号)「4... 第199号(通算1499号)「... >>