「ほっ」と。キャンペーン

第11号(通算2211号)

拝啓 20分の1があっという間に過ぎた        
      親愛なる6年1組のみんなへ

 早いもので、昨日で6年1組がスタートして10日が過ぎ、最後の1年の20分の1が過ぎました。この10日の自分やクラスを振り返って、点数をつけるとしたら何点でしょうか。
 さて、6年1組は(2組もだけど)、毎日日記を書いています。「日記」という名前があまりピンとこないなぁと常々思っていました。ちょっと、調べて、勉強してみたらいい言葉が…。(みんなに勉強しよう!と言っている分、先生もみんなに負けずに勉強しているよ!)
 みんなは、「ジャーナリスト」という言葉を聞いたことがあると思います。現場(事件、事実)の状況を正確にとらえて、それに自分の思いをまぜながら文章にまとめて、意思をもって発信(発表)する人のことです。その人が発信したもの「ジャーナル」とも言うそうです。
 それで、先生が勉強した先生たちの取り組みに、「振り返りジャーナル」というのがあったんです。書いている内容や毎日書くということは、先生がやっている「日記」と全く同じ。「自分」のことを正確にとらえて、自分の思いも入れながら振り返りをしてほしい。自分のことを自分でジャーナリストのように、レポートして書く。という願いをもっているそうです。
 これはいいなと思いました。さっそく6の1も「日記」(No,2の方ね)ではなく、「振り返りジャーナル」という名前にします。慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、よろしくお願いします。少しやり方も違います。この後、説明しますね。
[PR]
by beat_on_the_road | 2011-04-20 00:41 | 2011年度6年生


<< 第12号(通算2212号) 第10号(通算2210号) >>