「ほっ」と。キャンペーン

第7号(通算2207号)

拝啓 いよいよ最後の委員会に向かう
       親愛なる6年1組のみんなへ

 昨日は、学力テストがありました。1年から5年生までの範囲ということで(もちろん5年生での学習が中心ではありますが…)、大変だったと思います。自分なりの精一杯の結果を出せたのが気になっています。
 さて、昨日は委員会を決めました。あらかじめ第1希望から第2希望までと、決意を書いてもらっていはいましたが、あまりにもすんなり決まりましたね。
 1人1人が希望の委員会にネームカードを貼ってから、5分もかからず決まりました。じゃんけんをしたのは、4人から3人にしなければならなかったところだけ。あとは、他の委員会に自主的にすばやく移動して決めることができました。
 そんなみんなの様子を見て、また、6の1のよさを実感しました。きっとみんなは、委員会はなんのためにあるか。委員会はどういう気持ちで取り組むべきなのか。委員会や係などを決める時に自分たちは何を大事にすべきなのか。そういうことをしっかり理解しているんですね。素晴らしいです。
 「人は役割を与えられて成長する」「苦手なことを避けていたらいつまでも成長はしない」…今日の委員会は、心を耕すチャンスの日です。明日の報告を楽しみにしています。
 学力テスト後半。理科と社会も自分の力が出せるように、最後まであきらめずに取り組んでくださいね。
[PR]
by beat_on_the_road | 2011-04-14 00:36 | 2011年度6年生


<< 第8号(通算2208号) 第6号(通算2206号) >>