「ほっ」と。キャンペーン

第3号(通算2203号)

拝啓 1年生のお世話を始めた
    親愛なる6年1組のみんなへ

 昨日から1年生のお世話が始まりました。先生は、驚く光景に出会うことができました。1年生の教室、ほぼみんなが集まりだした時に、○○○○さんが1年生のために王様じゃんけんをし出しました。
 6年生をたくさん受け持ってきましたが、こんなことは、本当に初めてです。昨日の入学式で4回もほめられたことも初めてで、「初めて」づくしが続いています。どちらも素晴らしいことなので、本当にいいスタートですね。
 それに刺激を受けて、○○○○くんと○○○○くんがやった「人工衛星」もよかったですよ。1年生にあのおもしろさを伝えるのは難しいかもしれませんが、チャレンジ精神は、とてもよかったです。
 さて、「進級おめでとう」手紙の返事をゆっくり読ませてもらいました。みんなのあったかい言葉、前向きな気持ちに本当に感謝です。 「小学校生活最後をこの大野学級と過ごせるのは本当にうれしいです。」「6年生でも新しい自分を見つけます。」「私も(僕も)大野先生と同じクラスになれてよかったです!」「6年生では最初で最後の行事がいっぱいです。それを先生と過ごすことができてうれしいです。」「6年1組が学校で一番と言われるようにがんばります。」「先生が『卒業する時に大野先生が担任でよかった!』と言ってもらえるような先生に…と言っていましたが、もう私はそれを感じています。」「最後なので、悔いのない、楽しい毎日にしたいです。」
 みんな、本当にありがとう…。最高の1年にしていこうね。
[PR]
by beat_on_the_road | 2011-04-07 00:29 | 2011年度6年生


<< 第4号(通算2204号) 第1号(通算2201号) >>