「ほっ」と。キャンペーン

第79号(通算2079号)

2学期が始まって、四日たちました。一学期の終わりの頃の調子に戻れているでしょうか。
チェックシートを見ている分には、そのような状態に戻っているとは思うのですが…。

5年1組がスタートして七十九日目。 二学期あけは、どうしても休み前のクラスの状態よりも、少しレベルダウンしてしまう…と言われます。
二五日も夏休みがあったのですが、それはしょうがないことですね。
でも、休み前のよい状態が本物だったら、休みが明けると、その状態にすぐに戻れるとも言われています。 
一組はどうでしょうか。
四日間で、ほぼ一日のリズムは取り戻した感じです。 ただ、そうじのタイムはどうでしょうか。歌声はどうでしょうか。 
ぜひ早く以前の状態を取り戻してほしいです。
さて、二学期のスタート時点で、重点的に取り組みたいことは、「あいさつ」と「発言」です。
どちらも一学期のスタート時点から比べると、とてもよくなっています。でも、まだまだみんなの力はこんなもんじゃないと思っています。 「あいさつ」は、まず相手に届くような、大きな声ですること。場面が変わってもいつも通りにあいさつすること。この二つ。
「発言」は、まず、いつも全員発表を目指すことです。声を出して、自分自身を大事にすること。相手を意識して発言すること。体の向き、声の大きさ。そして、友達の意見とつなげて発言すること。
「新しい自分」を目指しましょう。

ステキなパイプラインを紹介します。
○○○○さんのパイプラインです。最後の言葉いいね。


今日学校につくと、○○○んさんんと○○さんが声をかけてくれました。自由研究の話や夏休みの話をしました。教室に行くと、先生がいて久しぶりのあいさつをして何かうれしかったです。自分の席いくと、○○くんが声をかけてくれました。~中休みに○○さんがちょっかいをかけました。わたしはたたかれていたかったけど、うれしかったです。 何か初めてみんなに会えてうれしいと思いました。



http://www.h7.dion.ne.jp/~kirahika
[PR]
by beat_on_the_road | 2010-08-24 06:56 | 2010年度5年生


<< 第80号(通算2080号) 第78号(通算2078号) >>